人生リスタート計画!折り返し地点からの上昇。

その昔、起業をして失敗し家族を食べさせるためにサラリーマンに戻り、会社のチェンジが3回も起こり家族中も悪くなったところでリセットしたく退社。そこからリスタートする自分自身の思いを綴ります。

嫌われる勇気を久しぶりに読んで…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 3連休の2日目、昨日は花火大会がありました。

 

今週の水曜日から初出勤をしている再就職先の会社は、ほぼカレンダー通りの休日です。ですのでこの金道日は3連休。3連休なんて本当に何年ぶりなんでしょうね。

 

木曜日に仕事が終わってからすぐに家族に会いたいのでこちらに戻ってきました。本日、家族は仕事だったり用事があったりしているので朝起きてから久しぶりに散歩。そして読書をしていました。天気がいいのでもう少し散歩してから、上中混み合う前に行きつけの温泉に行ってリフレッシュしようと思っている今日この頃です。

 

久しぶりに読んだ今からまた新たな気づきが…!!!

 

数年前に行ったヒットした本「嫌われる勇気」を読んでいました。

 

アドラー心理学です。

 

f:id:coolnishiken:20181124134626j:image

 

いやー、さすが大ヒットした本だけあって久しぶりに読み直すとまた新たな気づきがありますね!

 

あるページに書いてあったこと

 

「人は変わりたいと思っていても変わらないと言う決断をしてしまっている」

 

おいおい!

 

変わりたいと思っているのに変わらない決断をしているってなんかおかしくね?

 

と多くの方は思うのですが、これまさにそのままあっているんですね。しっかりと自分と、今現在の現実をしっかりと見つめ直すとそのように感じますよ。

 

私は、先ほども書きましたが今週の水曜日から初出勤しています。このブログの記事でも何回か書いていますが、9月に今勤めている会社へ書類を送り、10月の上旬に面接。その翌週に役員面接。そして内定をいただきました。

 

嬉しい反面、それ以上に私の感情を支配していたもの…それは不安です。

 

以前の職場は5年ほど働きました。当然その職場でも最初は不安がありました。同期入社がそれでも数人いましたので今よりも不安はありませんでした。

 

今回は今までやってきた物流の仕事ではあるのですが、扱う商品はまったくの別物。今までの経験がない商品です。しかも、入社したのは私だけ。とってもとっても不安です。

 

以前の職場にずっといれば、こんな日はありませんでした。

 

しかし、不満はありました。

 

人間というのは常に人生の中で不満を抱えています。不満を抱えているからこそ、変わりたいと思うのが人間です。しかし変わろうと言う決断をしない。

 

アドラー心理学ではそのように言われています。

 

これ実際にすべての人間に当てはまっていることで、人間と言うものはどんな些細なことであっても新しいことに対してものすごく抵抗します。今まで慣れ親しんだ環境を、決められたルールを変えようとすることを拒むのです。

 

なぜならば、慣れ親しんだ環境で生きるのはとても楽です。私もそうですし皆さんもそうですきっと。だから現状に不満を抱えていても自分を変えることをしないと言うのがアドラー心理学で言われています。

 

どうです?結構耳が痛かったりする人いるんじゃないでしょうか。

 

だからもうすぐ環境が今週変わった私は、まだ不安でいっぱいです。変わると言うのは不安がつきまといます。

 

だからアドラー心理学は、勇気の心理学と言われているそうです。

 

とはいっても、私も1年も働けば慣れてくるでしょうし、慣れてきた頃に不満を抱えると思います。まぁ正直に言うと今現在もプライベートの事や新しく決まった仕事の事なので多少なりとも不満があったりします。

 

だって…人間ですもの。

 

現状に不満があっても、まぁ今の環境でもまぁいいかなと思っているのならそれでいいと思います。

 

しかし、現場本当に変えたくて変えたくて苦しんでいる!と言うのであれば、勇気を振り絞って不安の中へ飛び込んでいかなければいけないのかもしれませんね。

 

ちなみに、アドラー心理学は過去の出来事すべて批判します。今現在のあなたを作っているのは、今現在のあなた自身だと言っています。

 

過去の出来事が積み重なって現在のあなたでいるということを真っ向から否定します。だから最初はふざけんなって思うかもしれませんが、嫌われる勇気、読んでみるのもいいですよ。