人生リスタート計画!折り返し地点からの上昇。

その昔、起業をして失敗し家族を食べさせるためにサラリーマンに戻り、会社のチェンジが3回も起こり家族中も悪くなったところでリセットしたく退社。そこからリスタートする自分自身の思いを綴ります。

【労働より休息をとるぞ!…何か?】休息や休養をとらないと無駄死にしちゃうかも?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:coolnishiken:20190407200056j:plain

毎週末の土日休みは単身赴任先から帰ってきて地元で過ごしている婿パパです。

こんなのどかな景色の場所で一人息子と二人で一日中入れる温泉施設でマッサージ器で身体のコリをほぐしたり、温泉にゆっくりと入ったり、一万冊もある漫画を読んだり自分で持ち込んだビジネス書を読んだり、無料のコーヒーを飲んだり。

また美味しい食事を息子と食べたりとリフレッシュ。

本日の日曜日、再び単身赴任先へ戻ってきてブログを書いているわけですが、行きつけの温泉へ十時の開店と同時に行って来てリフレッシュ。自宅へ戻ってきてノンアルコールビールを飲んで1時間ほど仮眠してから戻って来ました。

まさに休日を休息に使っている感じです。

特に年度が変わってからの今週は月曜日から激務でした。

労働、仕事をする事は大事です。しかしそれ以上に大事なのが労働をするために休息をとることです。

しかし、中々休息や休養をとれていない人も多いわけで…

労働よりも休息をとるぞ!という自分なりの価値観を書いてみました。

休まなければ死んでしまう!

人間、そもそも休まなければ死んでしまいます。

良く…

「休まず働いていて忙しいぜ~!」

とか…

「一生懸命、スケジュールパンパンにして働くんだよ。」

とか…

「今月のカレンダー見て。休みほとんど無し!」

何て自慢げに話してくる人がいます。特に起業家などの個人事業をやっている方などは、本当に自慢げに話してきます。

まあ、確かに個人事業主は仕事が安定するまでは短変でしょうが。

ですが、休まなければ死んでしまいます。

実際に、働きすぎて死んでしまった事件がありました。皆さん、勿論覚えていますよね?

一日、どんなに長く働いていても休む時はしっかりと休む。

私自身もその昔、週休一日の会社で働いていた事がありました。長い休日も無い職場でした。

今思うと、良くあんな職場で働いていたなと思います。家族出来たら旅行とかいけないじゃん!何て思いながら働いていましたね。

労働は大事です。ですが、しっかりと休息をとることの出来る職場環境を選ぶのも大事ですね。

人生にとっては。

築地で有名なあの「ラーメン屋」もしっかりと休んでいる?

築地は昔家族で旅行で行った事があるのですが、有名なラーメン店には行きませんでした。

Youtubeでいつも美味しそうだなぁ~と見ているくらいで行った事は無いのですが、そんなラーメン屋さんのある動画を発見しました。

www.youtube.com

この動画を見てもらえれば分かるのですが…

「朝早くから働いていて、これくらいの楽しみが無ければしょうがないだろ~!」

と言う事を話している箇所があります。

どんなに一生懸命に働いていても、仕事が終った後の晩酌や趣味をやるというのが生きていくうえで楽しみなんだから、その楽しみが無ければ生きていたってつまらないという事です。

私も毎日晩酌しています。休日には子供と出かけたり一人でサウナでリフレッシュしたり。友人と美味しいものを食べにいったりと…

そんな楽しみが無ければ仕事をしていても面白くないのかもしれませんね。

休息だけではなく休養も必要

生きていくためには、仕事をしっかりとやっていくためには休息だけではなく休養も必要です。

「え?休息と休養って違うの??」

違うのですね。

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

今年のゴールデンウィークは十連休です。私の会社ではお盆休みも八連休になります。

これだけの休日があれば十分に休息できます。

家族で旅行へ行ってもお釣りがくるくらいに休みが残ります。

私自身、これだけの休日日数が得られるのは、学生の頃以来です。今まで本当に長期休日を得られる職場で働いた事が無かったので、再就職した会社が若干ブラックの要素を含んでいてもこれは本当に嬉しいです。

www.coollife.work

前職では、多くても三連休でした。それでも三連休が取得できた時には嬉しかったですね。

家族三人で一泊二日の旅行に行っていました。ですが、今年からは二泊三日、もしくは三泊四日の旅行へもいけます!

先進国の中でもこれだけ休みが少ないのも日本だけらしいですね。

経済成長著しい中国でも、旧正月の期間は長期休日に入ります。

ヨーロッパでは、一ヶ月も休むとこもあるみたいですね!

身体を休めるだけが休息ではない

また、これは私自身の個人的な考え方なのですが、ただ身体を休めるだけが休息ではないと思います。

例えば、私は読書が大好きです。

本を読むようになったきっかけは、自分の知らないこと、知らない知識や知恵を得るためです。

なぜならば、私は馬鹿だからです(笑)

身体をしっかりと休めるのも大事ですが、自分が本当にやりたい勉強や趣味に時間を使うのも休息だと思います。

昔は、休日に寝ているのはもったいないと思っていましたが、一日しっかりと十時間や十二時間寝て過ごすのも最近では良いのではないかと思います。

なぜならば、睡眠が一番身体を復活させてくれますからね。

理想は、身体もしっかりと休めてさらには自分のやりたい事に時間を使うことだと思います。

www.coollife.work

仕事は生きていくうえで大事なのですから~!

仕事、労働って本当に大事です。

お金を稼がなければ生きていけませんからね。

私だって働かなければ家族を養っていけません。たった一人の息子を路頭に迷わせてしまうことになってしまいます。

そして、息子が居るからこそこれだけ働く事が出来るのです。

仕事は本当に大事です。

しかし、個人的にはそれ以上に休息や休養も大事なのではないかと思っています。

休むまもなく働いている?

趣味に没頭する時間が無い?

そんな人生…

楽しいでしょうか?

今の仕事でそんなに休めないという方がいましたら、転職することも必要かもしれません。

仕事選びと言うか、職場選びはその後の人生に大きく影響を与えてきます。

人生って短いと言いますが長いですよね?実際。

永い人生…しっかりと仕事も休息も満喫できる職場を選ぶのが良い人生を送るコツなのかもしれませんね。