人生リスタート計画!折り返し地点からの上昇。

その昔、起業をして失敗し家族を食べさせるためにサラリーマンに戻り、会社のチェンジが3回も起こり家族中も悪くなったところでリセットしたく退社。そこからリスタートする自分自身の思いを綴ります。

【私もです】就職氷河期世代の支援や人生再設計は上手くいくのか?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:coolnishiken:20190715183603j:plain

就職氷河期世代という年代の人達がいます。

1993~2004年ごろに高校や大学を卒業した人達が就職氷河期世代と言われています。

私も就職氷河期世代の1人です。

私も私の友人達も就職に苦労をしていました。

最近では、政府がこの年代の支援をしようと動いているみたいですが、こちらの記事によると現実はとても厳しいみたいですね。

headlines.yahoo.co.jp

現在も多くの就職氷河期世代がアルバイトや派遣などの非正規雇用で働いているのですが、そこから抜け出し正社員として働いている私。

今年で40歳になる就職氷河期世代の私が思うことを書いてみました。

多くが新卒で採用されなかった就職氷河期世代

私も正社員としてすぐには就職できなかった1998年。

友人達も高校を卒業したり大学を卒業したりして、就職活動をしていたのですがまともに新卒で就職できたのは、10人いれば半分の5人いればよかった時代。

日本がサッカーのワールドカップに初出場して歓喜している一方で、就職できずに苦しんでいる人達も多くいた時代。

アルバイトや日雇い労働などで多くの人が働いていました。

そこから抜け出すためにやろうとした事が、資格の勉強や専門技術の習得です。

しかし、どんなに勉強をして技術を身に付けても企業に採用されるのは経験者だけ。

そうなってくると正社員としては働けず、アルバイトしながら就職先を探す日々が1年、2年と続いていくのがこの世代の現実でした。

私もアルバイト生活が長く続いてしまった

私も技術を身に付けるためになけなしのお金を払ってカルチャースクールへ通い、専門技術を勉強しにいったりしました。

ですが、やはり企業は経験者しか採用しません。

ただでさえ不景気の時代ですから、企業も技術のある未経験者よりも、技術もあって経験もある人材を採用するのが当たり前の時代です。

本当に長いアルバイト生活でした。

約8年ほどアルバイトで生活をし、それから3年ほど契約社員で働いていました。

約11年。

これが私の非正規雇用としての期間でした。

未経験では厳しい!やりたいことより出来る事

それでも今までの経験を活かして正社員として就職する事ができました。

今まで勉強してきた事は、自分自身がやりたいことを勉強してきました。

ただ、正社員として就職できたのは、今までの経験を買われたからです。

先程の記事を読んでいると、自分がやりたいことや目標に向かって就職活動をしている氷河期世代の人の話が多いです。

企業も採用者には給料を払わなくてはいけません。

正社員としての人件費は、アルバイトなどと比べるととても高いわけです。

高い人件費を払うのでしたら、企業は当然すぐにでも活躍してくれるであろう経験者を採用します。

あなた自身がやりたいことよりも、今までの経験を活かして出来る事で就職活動をしてみるのが正社員として就職できるコツです。

すでに諦めてしまっている氷河期世代もいる

ただ、就職氷河期世代の中にはすでに人生設計を諦めている人もいるのが現状です。

私の先輩もすでに諦めています。

「日本という国は、アルバイトだろうとなんだろうと生きていける国だから。」

と言って、現状のアルバイト生活から抜け出そうとしない人がいるのも事実です。

私の先輩は、時給制で働いています。

1日実働で6時間ほど。

月の給料にすると手取りで10万円くらいだそうです。へたをすると10万円を切る時もあるそうです。

それでも、今よりも収入を増やそうとする事は無く、自分の好きなように生きています。

この様な就職氷河期世代がいるのは、就職氷河期世代の親の多くがしっかりと家を持っているからだと思います。

自分で家賃を払う必要が無く住める場所があるからこそ、この様な就職氷河期世代が生まれるのも現状なんですね。

私の前職にも氷河期世代のパートがたくさんいましたが、全てがこのパターンでした。

正社員と違って責任感を持たなくても良いし、結婚もしていないので収入は全て自分の好き勝手に使える。

親と同居なので家賃を払わなくても良い。

この生活状況に甘える就職氷河期世代がいるのも現実なんですね。

www.coollife.work

氷河期世代で正社員として働いている私のまとめ

2019年の今年に40歳になる私。

就職氷河期世代の真っ只中を生きてきて、約11年以上の非正規雇用として生きてきた私。

前職もそうですが現在も正社員として働いています。

ボーナスも退職金も貰える正社員として就職できています。

就職氷河期世代の私でも。

私が思う就職氷河期世代の人達が、非正規雇用から新たに人生設計をやり直すのでしたら今までの経験を活かしてください。

アルバイトでもパートでも、働いてきた経験値というのはゼロではないはずです。

40歳を超えてまで自分のやりたいことで就職しようとするから失敗するのです。

未経験でも技術を磨けば就職できる?

甘い考えです。

未経験でも情熱があれば就職できる?

甘い考えです。

私も昔はそうでした。

自分のやりたいことを一生懸命に勉強して、やりたい仕事に就職しようとしていました。

ですが、全て失敗に終りました。

現在、妻と子供1人を養っている私から就職氷河期世代の人達へ送る言葉…

 

「人生再設計は上手く行きます。ですが、そのためにはあなたがやりたいことではなく、あなたのこれまでの経験値を必要としている企業へアプローチして下さい、」

 

これで一応、正社員として就職できた就職氷河期世代の1人のたわごとでした。

www.coollife.work

www.coollife.work