人生リスタート計画!折り返し地点からの上昇。

その昔、起業をして失敗し家族を食べさせるためにサラリーマンに戻り、会社のチェンジが3回も起こり家族中も悪くなったところでリセットしたく退社。そこからリスタートする自分自身の思いを綴ります。

43歳独身アルバイト生活とは負け組み?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

43歳独身です。正社員として働いていない事、かれこれ18年。

今現在は1日6時間のアルバイトへ週5日働きに行っていて、毎月の給料は手取りで10万円ほど。

というのが昨日更新したブログ記事の内容に出てくるわけですが…

www.coollife.work

相談する相手は、間違えてはならない。

そして、相談する相手は、数人に相談した方が良い。医者のように。

そしてそして、相談する相手は、本当に心から尊敬できる相手に相談した方が良い。

結局は…ということを書いてみました。

理屈、理論だけの奴は信用するな

実際に体験したことも無いのに、さぞ自分がやって来ましたと話をしたりアドバイスをしたりする。

「うちの職場でも話題になってる」

とか話をしますけどね、あなたはただのバイトだろと。

責任感皆無のバイト。

インターネットなどの情報だけで論破してくるその性格。

理屈や理論だけで話をしてくるのは、ただただ正論過ぎてそうですねとしかいえないけれど、聞いているこっちとしてはとても矛盾が多くて苛立つだけなのです。

インターネットの書き込みに良くない事が書いてあったから止めた方が良いとか、考え直したほうがいいとか言うけど、あなたが実際経験した生の声じゃないよね?

実際に経験している人の声なら分かりますよ。

そんな奴が〇〇を目指しているなんて論外。

50歳までに資格を取れれば良い?あまったれるな

その目指している〇〇ですが、ある1つの士業です。

43歳独身アルバイトの彼が33歳くらいから目指しているのですが、毎年試験に合格しない。

「俺は大学を出ていないから、不利に決まってるじゃん」

だとしたら倍の努力をしなくてはいけないんじゃないのかな?

潔く諦めて他の道でもいいんじゃないのかな?

昨日の電話の前に会った時には、最近勉強していると聞かれました。

勉強しないと40歳を超えたのだから脳がどんどん退化していく。だから勉強をしなくてはいけないと。

…読書とかしてますけど、勉強ではないのですかね?

あなたの勉強は資格だけですか?

士業の資格の勉強するのはいいですが、何歳までに合格予定と聞くと…

「50歳まで」

その年齢で合格して、今のアルバイトと掛け持ちで生きていくと。

昨日の記事にも書いた占い師の方ですが、某士業の資格を持っています。

先日の相談の時に、40歳を超えて士業の勉強をする奴は馬鹿だと持論を言っていました。

年を取れば取るほど、やる気と吸収力が減っていきますからね。

…あまったれるなよ。

就職氷河期世代を救済する国の動きがあるが、自分自身望んで非正規雇用の奴もいる

私は就職氷河期世代です。

43歳独身アルバイトの友人も就職氷河期世代です。

妻が先日行っていましたが、国が就職氷河期世代の人を雇用すると企業には恩恵があるそうですね。

www5.cao.go.jp

とは言っても、私も友人も当時一生懸命頑張って就職をしようとしていませんでした。

夢があってフリーターをしていましたから。

正社員になると、責任ある仕事をしなければいけません。

だから夢のある私達は、あえてフリーターの道を選びました。

それから私は、家族も出来たので正社員として現在に至るわけですが友人は43歳独身アルバイトのままです。

自ら望んでこの非正規雇用の状態です。

実際、非正規雇用って楽なんです。

親の立てた家に住んで、責任感の無い仕事をし、転勤も転属も無く残業もやりたければやるし、疲れててやりたくなければ帰る。自由気ままな生活が出来るのが非正規雇用

自ら望んで非正規雇用就職氷河期世代には、手を差し伸べる必要はないかと。

所詮他人事。自分事として考えてくれる人こそ神

どんなに困っていて相談に乗ってもらいたいと思っても所詮は他人事。

だからこそ、自分の事のように置き換えて相談に乗ってくれる人物が必要なんです。

占い師も所詮は、商売。

お金を貰うのですから、相手に合わせて良いことしか言いません。

前職の職場で唯一、相談して良いアドバイスをくれる方がコンサルティング会社の部長さんでした。

本当に、自分の悩みのように考えてアドバイスをくれました。

まさに神ですね。

無責任な人生って楽

私も経験あるのですが、アルバイトって楽です。

なぜならば無責任だからです。

どんなに残業して協力して欲しいと頭を下げても、疲れたから帰るといって帰れる。

正社員は、仕事が終るまで帰ない。

それぞれ、働いてきた環境や責任感で人間と言うのは今現在の人格が形成されてしまうのかもしれない。

どんなに大切な友人であっても、人生の大事な帰路の相談と言うのは、相手を選ぶべきだと痛感した今日この頃。